リハビリ栄養を診れない理学療法士は時代遅れになる

    • 2017年7月15日

    忙しい人のための要約 アメリカ理学療法士協会が、ホームページ内に「栄養と理学療法」というページを設置しました。近年、日本でも「リハビリテーション栄養」の必要性が強調されています。超高齢社会を迎えるにあ …

    続きを読む


    真の股関節屈曲角度は93º~異所性骨化と可動域訓練~

    • 2017年7月13日

    忙しい人のための要約 セラピストの過度な可動域訓練が異所性骨化の原因ではないかといわれています。純粋な股関節屈曲角度は93ºという報告もあり、骨盤の動きを無視したセラピストの可動域訓練が侵害刺激になっ …

    続きを読む


    対称性緊張性頚反射を利用した立ち上がり法

    • 2017年7月12日

    忙しい人のための要約 立ちあがりの練習をするときに、注意することがふたつあります。ひとつは骨盤前傾、もうひとつは視線です。対称性緊張性頚反射(STNR)を利用することで、ラクに立ちあがりができるかもし …

    続きを読む


    最低限の歩数の目安は4000歩?~中之条研究を中心に~

    • 2017年7月11日

    忙しい人のための要約 退院するときに、歩行(歩数や活動量)を指導することがあります。歩数の目安として、下肢筋の廃用性萎縮を予防する4000歩が目安になります。また、健康を維持するための運動強度(中等度 …

    続きを読む


    アルブミンは炎症の指標!原因、解釈、メカニズムについて

    • 2017年7月5日

    忙しい人のための要約 日本の臨床現場では、アルブミン=栄養指標という神話がまかり通っています。ほかの先進国では、アルブミンだけを栄養指標にしていたのは30年も前のこと。どちらかといえば、アルブミンは炎 …

    続きを読む


    エビデンスからみる静的ストレッチの効果(デメリット)

    • 2017年7月3日

    忙しい人のための要約 エクササイズ前の静的ストレッチは、運動能力(パフォーマンス)をさげることが示唆されています。また、痛みがでるほどのストレッチをしても、痛みがないときと効果が変わらないことも報告さ …

    続きを読む