効果的なパテラセッティングを文献から考察する

    • 2017年7月26日

    忙しい人のための要約 文献から導きだしたもっとも効率のよいセッティングは、体幹が支持された状態で、股関節65度屈曲、上肢は把持しながら、膝関節を伸展するように大腿四頭筋に刺激を与える方法です。 &nb …

    続きを読む


    腸腰筋の解剖・運動学から検査・治療までを解説!

    • 2017年7月25日

    忙しい人のための要約 腸腰筋は骨盤交差症候群などにより、腰痛の原因にもなります。トーマステストなどで腸腰筋の短縮(硬さ)がみられたら、PIR(等尺性収縮後弛緩法)などを用いて介入してみるもいいかもしれ …

    続きを読む


    貧乏ゆすり/ジグリングは健康にいい?死亡リスクが低下へ

    • 2017年7月21日

    忙しい人のための要約 長時間すわっていると死亡リスクが高くなることがわかっていますが、貧乏ゆすりをすることでリスクをなくすことが示唆されています。また、整形外科領域ではジグリングとして、治療としても利 …

    続きを読む


    真の股関節屈曲角度は93º~異所性骨化と可動域訓練~

    • 2017年7月13日

    忙しい人のための要約 セラピストの過度な可動域訓練が異所性骨化の原因ではないかといわれています。純粋な股関節屈曲角度は93ºという報告もあり、骨盤の動きを無視したセラピストの可動域訓練が侵害刺激になっ …

    続きを読む


    対称性緊張性頚反射を利用した立ち上がり法

    • 2017年7月12日

    忙しい人のための要約 立ちあがりの練習をするときに、注意することがふたつあります。ひとつは骨盤前傾、もうひとつは視線です。対称性緊張性頚反射(STNR)を利用することで、ラクに立ちあがりができるかもし …

    続きを読む


    最低限の歩数の目安は4000歩?~中之条研究を中心に~

    • 2017年7月11日

    忙しい人のための要約 退院するときに、歩行(歩数や活動量)を指導することがあります。歩数の目安として、下肢筋の廃用性萎縮を予防する4000歩が目安になります。また、健康を維持するための運動強度(中等度 …

    続きを読む