本のなかで最も役に立たないジャンルは『成功哲学』!?

    • 2019年3月27日

    忙しい人のための要約 成功哲学といったものは後づけによるもので、一貫性バイアスや利用可能性ヒューリスティックなどが影響しており、そういうものをもとにビジネスを考えるのはナンセンスでしょう。 &nbsp …

    続きを読む


    マーク・トウェイン『人間とは何か』からみえる人間の本性

    • 2019年3月11日

        ◆人間は自分のために生きている 先日、マーク・トウェインの『人間とは何か』という本を読みました。この本は老人と若者の対話で構成されていて、『嫌われる勇気』のような感じです。 …

    続きを読む


    リハビリ拒否時の交渉学~利害を探って問題を解決せよ~

    • 2019年2月15日

    忙しい人のための要約 交渉学においては「立場(建前)」と「利害(本音)」をわけて考え、立場のレベルで話し合いだと水掛け論になってしまう可能性があるので、当事者たちの利害(本音)を探ることが大切です。 …

    続きを読む


    従業員の不適切動画からみる自己責任論についての是非

    • 2019年2月14日

    忙しい人のための要約 従業員の不適切行為が批判されているが、自由意志による自己責任論に帰結してしまうのは危険かもしれない。個人の責任にだけ帰するはなく、社会システムや職場環境など多面的にとらえることが …

    続きを読む


    小林秀雄の『美を求める心』からみる言葉の不確かさ

    • 2019年2月13日

        西きょうじさんの『さよなら自己責任』という本がありますが、そのなかで小林秀雄の『美を求める心』というエッセイが紹介されていました。   このエッセイは昭和33年に …

    続きを読む


    書評『日本人の勝算』~最低賃金アップで経済成長へ~

    • 2019年2月12日

    忙しい人のための要約 『日本人の勝算』によれば、少子超高齢・人口減少社会を迎える日本を成長させるためには企業規模の拡大(中小企業の統合化)、女性の社会進出の促進、適切な最低賃金の一律引き上げ、経営者の …

    続きを読む