この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

    腰痛のレッドフラッグについて書くまえに、腰痛の基礎的知識(情報)をまとめていこうと思います。

     

    今回は、腰痛の定義と発症率について調べてみました。

     

    スポンサーリンク

     

    ◆腰痛の部位的定義について

    腰痛とは、文字の額面通り受けとれば「腰部に存在する疼痛」ということになります。具体的には、触知可能な最下端の肋骨と殿溝(殿部と大腿部の間の水平の溝)のあいだの領域とされています(1)。

     

     

     

    ◆腰痛の時間的定義について

     

    多くの文献によれば、腰痛は「急性」・「亜急性」・「慢性」と定義することが多いようです。

     

    おもに発症から4週間未満を急性腰痛、4週間以上3か月未満を亜急性腰痛、3か月以上持続するものを慢性腰痛と定義するのが一般的です。

     

     

    ◆腰痛の患者数について

    腰痛は、日本人が訴える症状として上位の疾患です。アメリカでも医療機関を受診する原因の第5位になっています(2)。

     

    ①厚生労働省の報告(国民生活基礎調査)

    腰痛は日本人が訴える症状の第1位で(2013)、統計開始から24年で49%増加しているようです。

     

     

     

    ②Yoshimuraらの報告(3・4)

    東京(2地域)、和歌山(2地域)、広島、新潟、三重、秋田、群馬県の9地域に分かれている、12019人の参加者(男性3959人、女性8060人) を調査したものがあります。腰痛は37.7%(男性34.2%、女性39.4%)に認められました。

     

    文献(3)より作成


    参考として、変形性腰椎症の有病率は、以下のようになっていました。ちなみに変形性腰椎症=腰痛ではありません。

     

     文献(4)より作成

     

     

    ③日本整形外科学会・日本腰痛学会(5)

    腰痛有訴率:40~50%

    腰痛の既往歴:70~80%

    職業別腰痛有訴率:図参照

     

     

     

    ④Walkerらの報告(6)

    これは腰痛の有病率に関する56研究のシステマティック・レビューです。

    時点有病率:12~33%

    年間罹患率:22~65%

    生涯罹患率:11~84%

     

     

    ◆まとめ

    調査によって差がありますが、非常に発症率が高いことがわかります。日本人(人間)と腰痛症は、きってもきれない関係のようです。

     

    【文献】

    (1)The updated cochrane review of bed rest for low back pain and sciatica.[PMID:15738787]

    (2)Diagnosis and treatment of low back pain: a joint clinical practice guideline from the American College of Physicians and the American Pain Society.[PMID:17909209]

    (3)Epidemiology of Locomotive Organ Disorders and Symptoms: An Estimation Using the Population-Based Cohorts in Japan.[PMID:27375371]

    (4)Prevalence of knee osteoarthritis, lumbar spondylosis, and osteoporosis in Japanese men and women: the research on osteoarthritis/osteoporosis against disability study.[PMID:19568689]

    (5)腰痛診療ガイドライン2012

    (6)The prevalence of low back pain: a systematic review of the literature from 1966 to 1998.[PMID:10872758]

     

    スポンサーリンク

     

    Pocket
    LINEで送る