この記事を読むのに必要な時間は約 17 分です。

    忙しい人のための要約
    糖質を中心に食事をしている日本人は、ビタミンB₁が不足し、乳酸がたまっている可能性があります。乳酸がたまると、コリ回路によってATP(エネルギー)不足になり、疲れやすくなってしまいます。乳酸はそのものは疲労物質ではありませんが、間接的に疲れやすくなることが考えられます。

     

     

    ◆プロローグ

    太郎
    最近、疲れやすいっす。乳酸のせいっすかね?
    花子
    乳酸がつかれの原因って聞くもんね。
    SGM
    太郎くん、花子ちゃん。最近の研究では乳酸と疲労は直接の関係はないといわれています。
    太郎
    じゃあ、乳酸は疲労に関係ないっすか?
    SGM
    一概にそうとはいえないと思いますね。
    太郎・花子
    どういうこと?

    スポンサーリンク

     

    ◆乳酸とは

    SGM
    乳酸は糖の代謝である解糖系のなかで生成される物質です。
    太郎
    よくわかんないっす。
    SGM
    まずは糖の代謝についてみていきましょう。

     

     

    白ご飯やパン、麺類などの炭水化物は、体のなかに入るとグルコースという物質に分解されます。

    グルコースをピルビン酸という物質に変えていくまでの流れを、解糖系といいます。このピルビン酸から乳酸が作られます。

     

     

    ◆乳酸と疲労は関係ない?

    アレックス・ハッチンソンさんの『良いトレーニング、無駄なトレーニング』より引用します。

     

    従来、乳酸は運動における諸悪の根源だと考えられてきました。(中略)

    しかし、現在ではこの考えが誤りであることが明らかになっています。実は、乳酸は筋肉痛を生じさせる物質ではなく、筋肉にとって不可欠の燃料だったのです(中略)。

    花子
    つまり、乳酸もエネルギー源になるってこと?
    SGM
    そうなんですが、そこに問題があるんです。
    花子
    問題?

     

     

    ◆ビタミンB₁が重要

    SGM
    ピルビン酸をATPに変える経路を見ていきましょう。
    太郎
    ATPってなんっすか?
    SGM
    ATPはアデノシン三リン酸のことで、エネルギー源のことです。

     

     

    グルコースがピルビン酸になるまでが解糖系でした。解糖系は細胞質というところで行われています。

    解糖系で作られたピルビン酸をATPに変えていくためには、ミトコンドリアでアセチルCoAという物質に変えていく必要があります。

    花子
    グルコース

    →ピルビン酸(解糖系)

    →アセチルCoA(ミトコンドリア)

    ということ?

    SGM
    そうです。そのピルビン酸→アセチルCoAの反応を起こすために、チアミンピロリン酸(TPP)という補酵素が必要になります。
    花子
    補酵素って?
    SGM
    簡単にいえば鍵みたいなものです。玄関をあけようと思ったら鍵が必要ですよね。鍵がないと玄関はあかないので、家のなかに入れません。そういう反応を起こすうえで欠かせないものが補酵素なんです。
    花子
    なるほど。

     

    このTPPはビタミンB₁からつくられます。ここに大きな問題があります。

     

    糖質が過剰に多いと、ビタミンB₁欠乏症になるのです。

     

    日本人は糖質を中心に食生活を送っている人が大半です。

    つまり、ビタミンB₁欠乏症になりやすいのです。糖質過剰で、鍵であるビタミンB₁が不足するとどうなるでしょうか?

     

     

    ◆ビタミンB₁不足で乳酸がたまっていく

     

    ビタミンB₁が不足すると、ピルビン酸をアセチルCoAに変えることができなくなります。

    つまり、ピルビン酸の渋滞がおこるわけです。

     

    こうなると、必然的にピルビン酸を乳酸に変えざるをえなくなります。すなわち、乳酸がたまっていくわけです。

    花子
    でも、乳酸はエネルギー源になるんじゃないの?
    SGM
    それは、ビタミンB₁をしっかりとっていればの話ということですね。
    花子
    いまの人は糖質が多くてビタミンB₁が不足しているから、乳酸をエネルギーに変えられないのね。
    SGM
    そういうことです。

     

    ビタミンB₁不足について、三石巌は著書『からだの中から健康になる長寿の秘密』で、電車のなかで居眠りしている人はビタミンB₁が不足しているからではないかと指摘しています。

     

    朝、電車に乗っているとこっくりこっくりしている人が多いのも、ビタミンB₁が不足が原因かもしれませんね。

     

     

    ◆コリ回路によってエネルギー欠乏へ

    花子
    でも、乳酸がたまるだけじゃ疲れないんじゃないの?
    SGM
    では、たまった乳酸がどうなるのか見ていきましょう。

     

    アセチルCoAに変えることができなかったピルビン酸は、乳酸になります。

     

    からだには乳酸がたまらないように、乳酸をもとのグルコースに変える機能があります。その機能の流れのことをコリ回路といいます。

    コリというのは、この経路を発見したコリ夫妻のことです。

    花子
    コリ回路ってどんな経路なの?
    SGM
    下のがコリ回路ですね。

     

     

    乳酸は肝臓に運ばれます。そこで糖新生という体内で糖をつくる代謝を経て、グルコースに戻されます。

    そして全身にもどり、解糖系を経て、ピルビン酸になります。このぐるっと回るながれをコリ回路といいます。

    SGM
    ここに問題があります。
    花子
    問題?

     

    コリ回路(Wikipedia)から引用します。

    ATPの数を見てみると、1回あたり嫌気呼吸で2分子のATPが生成し、糖新生で6分子のATPが消費されるため、正味4分子のATPが減少している。このためコリ回路はエネルギー消費系(同化過程)である。

    SGM
    つまり、コリ回路がはたらくほどエネルギーであるATPが不足していくわけです。
    太郎
    じゃあ、エネルギー不足になるんじゃないっすか?
    SGM
    そういうことです。乳酸そのものは疲労の原因ではありません。しかし、乳酸がたまってコリ回路がはたらくとATPが不足してしまい、間接的につかれやすくなってしまうわけですね。
    太郎
    なるほどっす。

     

     

    ◆乳酸をためるな!

    乳酸をためてしまうと、間接的に疲れやすくなってしまうことがわかったと思います。乳酸をためないためにはどうすればいいのか?方法としてはふたつあります。

    ①糖質をへらす(糖質制限)

    ②ビタミンB₁を増やす

     

    ①糖質をへらす(糖質制限)

    まずは糖質の過剰摂取をやめることでしょう。つまり、糖質制限をするということです。

     

    糖質はビタミンB₁を多く消費し、ビタミンB₁欠乏症を引きおこします。ビタミンB₁が不足すると、ピルビン酸をアセチルCoAに変えるTPPという補酵素が足りなくなります。

     

    したがって、まずはビタミンB₁を消費してしまう糖質の量を減らすことが重要なのです。

     

    ②ビタミンB₁をふやす

    もうひとつは、ビタミンB₁をしっかり摂取することですね。ビタミンB₁が足りていれば、ピルビン酸をアセチルCoAに変えることができますから。

     

    ビタミンB₁はとくに豚肉に豊富にふくまれています。ウナギなどにも多いようです。

     

    手軽に摂取したい人は、ビタミンBのサプリメントもありますので、利用されてみてもいいかもしれません。

    ビタミンBは多くの代謝に欠かせないものですが、不足しやすいのでサプリメントのほうが効率的かもしれません。

     

    したに紹介しているLIFE STYLEのサプリメントは、天然(自然)のもので、防腐剤・人工着色料・化学溶解剤・食塩・砂糖は一切使用していないのでおすすめです。コンプレックスといって、ビタミンB群をまとめてとれるので、小分けにとるより楽です。

     

    【資料】

    (1)良いトレーニング、無駄なトレーニング、アレックス・ハッチンソン(児島修訳)、草思社、2012

    (2)超入門生化学・栄養学、穂苅茂ら、照林社、2006

    (3)からだの中から健康になる長寿の秘密、三石巌、祥伝社黄金文庫、2016

    (4)コリ回路(Wikipedia)

    (5)生化学辞典第4版、今堀和友ら、東京化学同人、2007

     

    スポンサーリンク

     

     

    Pocket
    LINEで送る